1. トップ
  2. 授業カリキュラム/コース紹介
  3. 授業について一覧
  4. スキャナの研究「ロボプロ教室小学6年生授業」
スキャナの研究「ロボプロ教室小学6年生授業」
2021年05月10日
文字を読み取るスキャナを作ろう

今回は「スキャナ」のしくみを研究します。

最近の家庭用プリンタには「スキャナ」の機能も備わって、気軽に使えるようになりました。
「スキャナ」は文字や写真などに光を当てて、その反射する光の強さをはかってデータにするものです。

今日作成したスキャナは、「フォトリフレクタ」の値によって、読み取ったものが「黒」なのか「白」なのかを判断させます。
もし黒であればペンをおろして線を描き、白であればペンを上げて何も書かない。
位置をずらしながらこれを繰り返すことで、読み取った値で文字を書くという仕組みを作りました。

 

この仕組みで読み取った文字が、次の写真です。

これは「吉」という字です。予想以上にうまく読み取れました。

次回は、このスキャナを「立体スキャナ」に改造します。物の形が読み取れるものに作り直しです。

(中谷文代)

 

記事一覧に戻る

その他の最新ニュース

カテゴリーを押してください。