1. トップ
  2. 授業カリキュラム/コース紹介
  3. 授業について一覧
  4. プロッターの製作「ロボプロ教室小学5年生授業」
プロッターの製作「ロボプロ教室小学5年生授業」
2020年08月12日
図形を書くための機械を作ろう

今回は「プロッター」を作ります。「プロッター」とは、図形や文字をかくための機械です。サーボモーターの動きを歯車に伝え、その歯車とラックギアをかみ合わせることでブロックの位置を変えていきます。
ブロックにセットしたペンがブロックの位置へ一緒に動くことで、図形が書けるというしくみです。
たて方向とよこ方向に動く、ペンの上げ下げをするという3つの動きは、3つのサーボモーターを使います。

上下左右の4つの方向はそれぞれ4つのボタンで、ペンの上げ下げはタッチセンサーで動くようにプログラミングしました。

今回は、自分でボタンを押しながら書きたい図形を書きましたが、次回は、決められた図形を自動的に書けるようにしていきます。『座標』というものを使いますが、うまくプログラミングをして自分の名前が書けるといいですね。

(中谷文代)

記事一覧に戻る

その他の最新ニュース

カテゴリーを押してください。