1. トップ
  2. 授業カリキュラム/コース紹介
  3. 授業について一覧
  4. 巨大クレーンの研究-後半「小学6年生授業」
巨大クレーンの研究-後半「小学6年生授業」
2021年08月23日
UFOキャッチャーを作ろう!

今回は「巨大クレーンの研究」から「UFOキャッチャー作成」へ発展させました。

アームの動きは以下の通りです。
1回目のボタンを押すと右に動き、2回目のボタンを押すと奥へ動きます。
その後ボタンを離したところでアームが閉じて、ぬいぐるみに見立てたブロックをつかみます。
最後に、ゴールの位置まで持ってきて、アームが開きます。

これらは、サーボモーターの角度を事前にしらべてプログラミングしました。

画面上にキャラクターが表示される仕組みは以下の通りです。
ゴールにブロックが入ると、赤外線センサーで感知します。
そのタイミングで、ゲットしたキャラクターが画面に表示されるようにプログラミングしています。
どのキャラクターが表示されるか、「乱数」に設定したり、音が出るように工夫もしました!

 

なかなか面白いUFOキャッチャーが完成しました!
(動画のサイズが重くなるので早送りにしています)

プログラミングは案外単純なもので出来ます。
UFOキャッチャーも単純でだれでも出来るゲームなので、そういうものが長く愛される秘訣かも。

次回は「早押しクイズ」の押しボタンを研究します。気になる…。

(吉田 舞)

記事一覧に戻る

その他の最新ニュース

カテゴリーを押してください。