1. トップ
  2. 授業カリキュラム/コース紹介
  3. 授業について一覧
  4. 犬型歩行ロボット(前半)「ロボプロ教室 小学3年生授業」
犬型歩行ロボット(前半)「ロボプロ教室 小学3年生授業」
2019年05月28日

今日は犬型ロボットを作りました。

足をどのように動かせば前に進むのか、まずはいろいろ試してみます。

サーボモーターを2つ使い、前足と後ろ足にしました。

前足と後ろ足を、同じ角度で同時に動かす。 ⇒ 進まない…。

前足を後ろ足を、角度を変えて同時に動かす。 ⇒ 滑るだけ…。

そこで、実際に自分で歩いてみました。

歩くときの足の動きはどうなっているか、観察です。

単に前後に動かしているだけではなく、前に進むときには片方の足が「浮いている」のが分かりました!

そこで、もう一つサーボモーターを追加して「腰」としました。

これで、足を交互に浮かせることができるので、前に進みます。

あとは、歩きやすくするための工夫として、足に「爪」を付けました。

次回は、実際に動かしてみてさらに工夫していきます!

楽しみです。

(吉田 舞)

サーボモーターの動きを考える 犬型歩行ロボットの製作

ロボプロ授業カリキュラム1年目「ディベロッパーコース」

サーボモーターを3つ使って、歩く犬型ロボットを作ってみよう!

記事一覧に戻る

その他の最新ニュース

カテゴリーを押してください。