1. トップ
  2. 授業カリキュラム/コース紹介
  3. 授業について一覧
  4. 犬型歩行ロボット(後半)「ロボプロ教室 小学3年生授業」
犬型歩行ロボット(後半)「ロボプロ教室 小学3年生授業」
2019年06月03日

犬型ロボットの後半です。

3つのサーボモーターで、「前足」「腰」「後ろ足」がそれぞれ動くようにプログラミングします。

まずは、右前足が前に出ると左後ろ足を出します。

そのあと、後ろ足を浮かせるために腰のサーボモーターをひねります。

最後に左前足と右後ろ足を出したら、完成!

これをずっと繰り返せば、きちんと前に進めるようになりました。

競争する時間がなかったのが残念でしたが、
足を長くしてみたり、踏み出す角度を変えてみたりといろいろ考えながら、最後はしっかりと歩けるようになりました。

(中谷文代)

サーボモーターの動きを考える 犬型歩行ロボットの製作

ロボプロ授業カリキュラム1年目「ディベロッパーコース」

サーボモーターを3つ使って、歩く犬型ロボットを作ってみよう!

記事一覧に戻る

その他の最新ニュース

カテゴリーを押してください。