1. トップ
  2. 授業カリキュラム/コース紹介
  3. 授業について一覧
  4. 玉入れアームカーを作ろう(後半) 「ロボプロ教室 小学3年生授業」
玉入れアームカーを作ろう(後半) 「ロボプロ教室 小学3年生授業」
2019年10月09日
DCモーターと加速度センサーとサーボモーターを使ったトラックを作ろう

玉入れアームカーを完成します。

前回作成した「ブルドーザー」を改造していきます。

ショベルカーをイメージして、形を作っていきます

次は一連の動きの確認です。

荷物に見立てた「紙ボール」を「つかむ」⇒「アームを上げる」「はなす」「アームを下げる」とします。

以下は、しっかり荷物をつかんだ様子。

手元のタッチセンサーを押すごとに、一連の操作が順番に実行されるようにするには、どうしたら良いのでしょうか??

正直、おとなでも難しいです…。

「変数」を使い、一連の操作に番号を付けます。さらに、その番号に応じた動きをプログラミングしていきます。

今回は、ヒントを見ながらプログラミングしていきました。

 

荷物をうまくつかめました!ポイっと荷物を放り投げるのは、ご愛敬です。

今日で、ディベロッパーコースは無事終了しました。

1年間子供さんはどんどん成長していくので、そばで見ていると嬉しかったです。

来月からはマスターコースへ進まれます。また1年楽しんでやりましょう!

(吉田 舞)

記事一覧に戻る

その他の最新ニュース

カテゴリーを押してください。