1. トップ
  2. 授業カリキュラム/コース紹介
  3. 授業について一覧
  4. 紙飛行機発射台を作ろう「ロボプロ教室小学3年生授業」
紙飛行機発射台を作ろう「ロボプロ教室小学3年生授業」
2019年03月08日

ゲームセンターにある「UFOキャッチャー」は、ボタンを使ってクレーンを前後左右に動かし、目標の位置に照準を合わせたらクレーンをおろします。

今回は、コントローラーとモーターを使って紙飛行機を飛ばす、「紙飛行機発射台」を作りました。
まずは、コントローラーです。初めて出てきた「変数」を使い、加速度センサーの値に合わせてサーボモーターの角度が変わるようにプログラミングします。
急に難しい内容になりましたが、少しずつ意味を理解しながら設定しました。

コントローラーが完成したら、あとは「ボタンを押したら、DCモーターを回転させる」命令を追加して完成です。
DCモーターにはギアが装着してあるので、モーターが回ると引っ掛けてある輪ゴムがはずれます。そうすると発射台にある紙飛行機が飛ぶ・・という仕組みです。

今回は、「変数の作り方」を勉強しました。
これから何度も使ううちに少しずつわかってくると思いますが、やはりむずかしいですね。

(中谷 文代)

 

 

紙飛行機発射台の製作

コントローラーで目標位置を決めたら、紙飛行機を発射しよう

記事一覧に戻る

その他の最新ニュース

カテゴリーを押してください。