1. トップ
  2. 授業カリキュラム/コース紹介
  3. 授業について一覧
  4. 貯金箱を作ろう 前半 「ロボプロ教室 小学3年生授業」
貯金箱を作ろう 前半 「ロボプロ教室 小学3年生授業」
2019年07月18日

今日は、貯金箱をつくる(前半)でした。

貯金箱自体は1600年前のものが発見されているそうで、そのころからコツコツと貯金する文化はあったようです。

はじめに、貯金箱にもいろいろな種類があるという事を、一緒にインターネットで見てみました。

古くは「パックマン」、今はお金を入れると喋ったり、お金をもぐもぐ食べるようになっていたり、いろいろなバリエーションがあります。

貯金箱自体にも「価値がある」というのが重要で、「壊したくない」「お金を入れたくなる」という気持ちになるような貯金箱にするのが大切です。

 

ここに、赤外線フォトリフレクタが上向きについており、お金を置いたかどうかを感知します。

赤外線フォトリフレクタの値が大きくなると、お金があると判断します。

お金があると判断すると口がしまり、そのまま奥へお金を引き込んでいきます。

口をしめる動きと、奥へ引き込む動きには、それぞれサーボモーターが使ってあります。

今日は組み立てに時間がかかったので、次回から実際にプログラミングをしていきます。

次回も楽しみです♪

(吉田 舞)

赤外線フォトリフレクタとサーボモーターによる制御 貯金箱の製作

ロボプロ授業カリキュラム1年目「ディベロッパーコース」

貯金箱を作ってみよう!

お金を置いたら自動的に引き込まれるように、赤外線フォトリフレクタとサーボモーターを使ってみよう。

記事一覧に戻る

その他の最新ニュース

カテゴリーを押してください。