1. トップ
  2. 授業カリキュラム/コース紹介
  3. 授業について一覧
  4. 貯金箱を作ろう 後半 「ロボプロ教室 小学3年生授業」
貯金箱を作ろう 後半 「ロボプロ教室 小学3年生授業」
2019年07月31日

貯金箱作製の続きです。
コインが置いてあるかどうかは、フォトリフレクタの値で判断します。
コインが置いてあれば、ふたが閉まってコインを引き込みますが、その動きはサーボモータの『リンク機構』を使います。

ただし、フォトリフレクタの値は置かれた場所によって変わるので、そのたびにプログラミングしなおすのでは実用的ではありません。
ここで、どんな場所においてもうまく動くように、「変数」を使います。
「コインがないときの値」を「変数」にし、その値よりも大きければ「コインが置いてある」と判断して、あとは同じような動きをします。

 

 

最後は『乱数』を使って、何回かに1回「あたり」が出るしくみを作りました。
「1から6までの乱数」にしたので、6回に1回くらいあたる確率でしたが、ここで運だめし!
実際には、「10回やって1回あたり」でした・・・。

(中谷文代)

赤外線フォトリフレクタとサーボモーターの制御

ロボプロ授業カリキュラム1年目「ディベロッパーコース」

変数を使って、どんな場所でも同じ動きをする貯金箱を作ろう

記事一覧に戻る

その他の最新ニュース

カテゴリーを押してください。